賃貸物件につきものの敷金について

お店を開くとは賃貸のテナントを借りることが多いですが、気になるのが敷金のことです。家賃を払うのはもちろんですが、ほとんどの場合、最初に敷金も払います。敷金の額は、賃料の3か月分であるとか、6か月分であるとか、契約書に書かれています。この額に関しては法律で定められているわけではありません。借主と貸主との契約で決まります。ですから、借主の方としても、貸主が提示した金額に必ずしも素直に従う必要はないわけです。もし高いと感じたのなら、減額交渉をするのは自由です。 敷金というのは、家賃の未払いなどがあったときに、そこから差し引くためのお金です。ですから、家賃の未払いがなければ、基本的に返還されます。ただし、契約期間内に退去する場合は損害賠償金を取られることがあります。その損害賠償金として敷金が当てられることがあります。こういったことは、お店を開こうとしている人なら知っておいた方がいいでしょう。本を読むなり、不動産業者の人に聞くなりして勉強するといいのではないでしょうか。

デリヘル オススメ店

デリヘル 大阪 人気嬢

ページ一覧